色々な種類のサイリスタ出力フォトカプラ製品をご紹介します

サイリスタ出力フォトカプラ製品は、尖頭(しょうとう)阻止電圧600 Vまでの商品用電源半波をブロックします。商品用電源のシャットダウン回路に最も適した、1 mA以下の微小直流電流を保持させる力も強みです。併用して使用される商品用電源の制限する抵抗力も、消費電力とパッケージの小型化が可能です。別の出力タイプをみる、サイリスタ出力フォトカプラとは性質が異なります。C100V/200Vの商品用電源から変換させる事が可能となります。サイリスタ出力フォトカプラとは、ストレートに繋がる、交流負荷の制限や電源の過電圧保護素子として利用されます。パワートライアックと組み合わせて使用すれば十数mAのLED電流で数A~数10Aあたりの交流負荷をブロックすることが可能です。

光半導体、駆動フォトカプラについて

IGBT・MOSFETのゲート駆動に適していて、機能性があるフォトカプラを「駆動」と呼びます。過剰に発生する電流を保護する機能が内蔵された製品や、出力電流6.0A品に対しても、幅広い製品に対応していますので、IGBT・MOSFETのゲート容量に応じて最適な製品を選ぶ事が可能です。トップクラスでは40kV/μsの高い「コモンモードノイズ除去電圧」が搭載されていますから、サーボインバータなど雑音や騒音環境の厳しい産業用としても機能するポイントが強みです。特徴としては、過電流保護(VCE検出する働き)・ミラークランプ機能を内蔵しています。Rail to RailやUVLO機能にも対応していますから、多機能な傾向にあります。過電流保護機能・ミラークランプ機能内蔵のIGBTを過電流による破損から守る為のVCE検出機能を内蔵したアイテムも存在します。VCE検出機能ではIGBTのVCE電圧をモニタリングして、過剰な電流発生時にフォトカプラ出力を簡単に停止させます。

高速通信用のフォトカプラの機能性

高速通信用フォトカプラの特長は通信速度20 kbps~50 Mbpsに対応しています。シンク・ソースロジック信号対応、V駆動対応・低消費電力化を成立させる事が特徴的です。20kbps~50Mbpsまでの幅広いジャンルが存在しており、RS232からFAのnetworkまで様々な通信機能に対応した製品が流通しています。中でもRS232/RS232Cの9.6 kbps~100 kbpsあたりの中程度の速度通信に、最も適しているTLP2301・TLP2303は、1 mAの低い入力電流駆動、1Mbps以上もの高速ICカプラより低コストで済むことが特長です。FA機器のメーター、家電や住設機器といった幅が広めなアイテムのコスト削減・消費電力削減を成立させます。PLCや産業機器のインターフェース信号にはシンクロジックとソースロジックが存在しますが、一般的では高速フォトカプラの入力側LEDは、単方向のみですあり、シンクとソース両信号へ対応する様にフォトカプラのLED側前にブリッジ回路を準備しておく必要性があります。