サイリスタ出力フォトカプラ製品を入手した後に気をつけること

サイリスタ出力フォトカプラの特徴は電源電流を外部の信号により遮断することができる機能を持っているため、直接遮断のためのスイッチなどを設けなくても外部の微弱な信号により回路制御が実現できる点にあります。一般的なリレー式の遮断装置では電流の大きさに応じた大規模なリレー回路などを設置しなければならない上、その制御のための回路構成も行わなければならないため、大規模な回路が必要になってしまうものですが、この製品を利用することで回路が簡素化出来る点に大きなメリットがあります。但し、微弱信号で動作を行う為利用する際にはその動作に影響を及ぼすような信号が加わる可能性の有る部分には使用を控えることが大切です。微弱な信号によっても電流を遮断してしまうような動作を行ってしまう危険性が有るためです。

微弱信号が混入しない様な回路構成にすることが大切です

サイリスタ出力フォトカプラは微弱信号で電流を遮断することができるため、その回路構成には十分な配慮が必要です。特に近年の集積型の回路構成が多い場合には近くの電流による誘導を受け誤動作してしまう可能性が有るためです。特に高周波回路の場合には微弱電流でも誘導が起きやすく、この誘導電流により誤動作する可能性が有るため十分な配慮が必要です。一般的にはこのような環境での利用は避け、出来るだけ安定した回路構成で周辺の影響を受けない様な回路構成の場合に利用することが大切です。また、周辺の明るさによっても誤動作してしまうことも有るため、動作をさせる際には周辺の明るさにも十分な配慮が必要です。通常はケース内に光が浸入しない様な構造になっていますが、長期間使用していると被覆が薄れて外の光の影響を受けてしまうことも有るので注意が必要です。

保管についても十分な注意が必要です

サイリスタ出力フォトカプラは光による信号伝達の原理を応用した信号開閉装置であるため、その取扱いには十分な注意が必要です。特に被覆を傷つけるような衝撃を与えてしまうとその部分から光が入り、誤動作を起こしてしまう事が有るため注意が必要です。サイリスタ出力フォトカプラの原理は光で信号を伝達することでリレーの役割を果たします。その為、微弱な信号を入力することで内部をこの信号による光を発生させ実際に内部に電流を流すことなしにリレーを起動する動きをするものです。しかし、取り扱いが乱暴であったり、不用意な取り扱いを行うと外部の光りを遮断する被覆に傷がついてしまい外部の光が浸入してしまうことになり、本来の機能を発揮しなくなってしまうことになります。このため、入手した場合にはその取扱いに十分注意することが必要です。